鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z 鬼手最高

鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z

No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  374

鬼手最高

高校の時、柔道部でした。 当時、道場には、『精力善用・自他共栄』と書かれた掛け軸がありました。柔道創始者の言葉みたいですが、意味は知りません。 部活中、ヒマがあったので、捨ててあった剣道の竹刀を改造して弓矢を作り、弓道ごっこで遊んでたら、掛け軸に矢が刺さってしまいました。 怒られる覚悟で先輩に話したら、「スゲー!俺にも貸して」と言って、掛け軸めがけて矢を打ちはじめました。今思うと無法地帯でした。 さて、教習生の上着に『鬼手仏心』と書いてあったので、意味を聞いたら、剣道の言葉らしいのですが、意味は知らない、でした。 仕方ないので勝手に解釈します。 例えば、好きな女の子に告白した時、「いい友達でいましょうね」と言われて期待させられるより、「キモい、マジ無理なんですけど~」と言われた方が、あきらめがついて、次に進めます。 『マジ無理』は、鬼の様な一手(攻撃)ですが、相手を想う仏の心がこもっているのです。 卒検で補助ブレーキを踏めば不合格ですから私は、補助ブレーキを踏む時、少しだけ強めに踏みます。泣いてしまう生徒もいますが、落ちた事を後悔するよりも、気持ちを切り替えて、もう一度挑戦してもらうための補助ブレーキです。私も卒検で落ちた事があるから、不合格の悔しさがよくわかります。強めの補助ブレーキには『次こそがんばれ!』のメッセージが込められているのです。 今度、教習所の制服を作る時は、上着に『鬼足仏心(鬼の様な補助ブレーキだが、仏の心がある)』と書いてもらおうかなと思う今日この頃。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類
∧top | under∨
| 鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。