鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z 2015年05月

鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z

No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  381

ごはん最高

毎日、頭を悩ますのが、昼休みに何を食べるか?です。 よく指導員と外食します。そこで、お気に入り飲食店、ベスト3を発表します。 第3位、自分でおかずを取るタイプの食堂。この店は、ごはん食べ放題が、なんと!160円です。 野菜のかき揚げ160円を取ると合計320円です。いつもごはん3杯たべます。 第2位、魚メインの定食屋、日替わりランチが650円で、ごはんおかわり自由です。私が食べに行くと、おばちゃんが「ごはん多めに入れときましょうか?」と言って、どんぶりにごはんを入れてくれます。多分、おかわりで何度も往復するのがめんどくさいのだと思います。結局おかわりします。 そして、1位は豚カツ屋です。 この店には、サラダバーがあって、野菜が食べ放題です。この時ばかりは、ごはんのおかわりを1回だけにして、野菜を大量に食べます。もうすぐ健康診断があります。診断書に、『野菜の食べ過ぎ』と書かれないか心配です。 『幻の1位』があります。 唐揚げ定食590円 で、ごはん、味噌汁、生卵、コーヒーがおかわり自由の、夢のような店でした。 たまごかけごはんにして、ごはんを5杯食べてました。 残念ながら、閉店してしまいましたが、私の中では、今でも1位です。 おかげさまで今年、人生で初めて体重が100キロを越えました。 小学生の時はガリガリに痩せてて、あだ名が『もやし』だったなんて今では誰も信じてくれないと思います。 人は現世でも生まれ変わる事ができます、ごはん食べ放題さえあれば。 他の指導員が昼休みに食べてる『愛妻弁当』が少しだけうらやましいと思う今日この頃。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類
∧top | under∨
No  380

カード最高

技能教習で運転交代した時、運転席に座った生徒が座席を後ろにさげました。指導員歴17年で初めての屈辱を味わいました。 旧教習車両は、座席をいっぱいさげた所が私の座席位置でした。しかし、去年12月に来た新教習車両は、私の座席位置よりもさらに後ろにさがるのです。(僕の方が足が長いです)、と言われた気がしました。その生徒は、私より背が高く、イケメン、服は高そうでオシャレ、話し方は丁寧、技能ストレート、仮免学科試験は満点の完璧超人でした。1つくらい私が勝ってる所はないかと探したら、ありました! 私の方が視力が上です。 人生は配られた『カード』で戦わなければなりません。 手元のカードを嘆くよりも、今、持っているカードで、どうすれば勝てるかを考え、必要なカードがあれば追加するのです。 ここの指導員になる前、他の教習に履歴書を送ったら、履歴書返品されました。 後で、あの教習所は大卒しか雇わないと聞きました。 確かに私は、『大卒』カードは持ってませんが、『脚力』は誰にも負けません。 場内の照明が消えた時、いつも私が呼ばれて、照明に飛び蹴りするとつきました。 バスの輪止めが後輪タイヤに挟まった時、指導員達が、石鹸水を流し込んで、鉄パイプで叩いても取れなかったのが、私のキック一発で取れました。 古い本棚を処分する時、足だけで粉々にしました。 二輪教習で生徒がコケそうになった時、手を出すとバイクに乗ってる私もコケるので、足で生徒のバイクを支えて転倒防止が出来ます。 これからも自慢の脚力で活躍して、いつか履歴書を返品した教習所に、私を雇わなかった事を後悔させてやろうと思います。 3歳になった私の娘には将来、『大卒』カードの他に、『運転免許全部持ち』カードを持たせてあげたいと思う今日この頃。
別窓 | 未分類
∧top | under∨
No  379

パンチ最高

私が1番尊敬する人物は、格闘技の先生です。 18歳で入門した時には、高齢で背も低い人でしたが、先生が若い頃は、剣道の防具をパンチでヘコました伝説がある人です。よく練習中に「バカヤロウ!」と一喝され、迫力に震え上がりました。 先生の教え方は独特です。パンチを見てもらうと、「違う、もう一回」と言うのですが、どこが悪のか教えてくれません。また打つと、「違う!もう一回」と言われ、さらに打つと、「バカヤロウ!もう一回」と、私がパンチを打つたびに先生の機嫌が悪くなるのです。必死でパンチを打ち続けると、突然、「そうだ、今のパンチだ」とほめてくれました。 最初と最後のパンチがどう違うのかわからないけど、良くなった気がしました。 先生が構えろと言うので、先生に向かい拳を構えると、先生がイスから立ち上がり、私に向かって拳を構えたのです。先生と向き合い、隙の無い構えに、(まさか打ってくるのか・・・?)と緊張していると、「プゥ~」と音がしました。先生がおならをしたみたいです、先生は気が付いてないようでした。 しかし、私も笑う余裕が無く、構え続けました。いま思えば、私の構えが崩れないか、試されたのかもしれません。 朝、出勤すると、体調を崩してた先生が亡くなったと連絡がありました。すぐ駆けつけようと思いましたが、繁忙期で、生徒がいっぱいで、とても帰れそうにありませんでした。 ダメ元で上司に相談すると、「仕事はなんとかするから、すぐ行ってあげなさい」でした。おかげで先生の葬式も出席できて、たくさん泣きました。その年のボーナスから欠勤した分、大幅にカットされてて、(ですよね~。)と思いましたが、感謝してます。 今、3歳の娘にパンチを教えてます。 先生から私、私から娘へ、娘から私の孫へ、パンチが受け継がれていきます。 パンチを打つ娘に、「違う、もう一回」と言ってしまうかもしれない今日この頃。
別窓 | 未分類
∧top | under∨
No  378

暇人最高

『小人閑居して不善を為す』徳の無い、つまらない人間は、ヒマだとろくな事をしない。と言う意味です。 昼休み、『目を閉じたまま、クランクをぶつからずに通過する』練習をしてました。 他にも、原付に乗り、場内の信号交差点で2段階右折を連続2回して、結果的に左折する、『4段階左折』をやってみました、どちらも意味がありませんでした。 『ニセ始末書』もよく作りました。 『始末書、平成○年○月○日、○時限目の教習中、私は、模範走行でエンストしてしまいました。今後このような事が無いように、・・・』 といった感じの文章を書いて、指導員室の机の上に置きました。本物の始末書を何枚も書いてきた私だから作れる作品です。もしかしたら、(エンストで始末書か・・・)と信じた指導員もいたかもしれません。 事務所から内線が来たので、(よし!事務員さんをおどろかせよう)と思い、受話器を取って、女の子みたいな声で「はい、指導員室です」と言いました、すると内線してきたのは、上司で、私にかわってくれと言うのです。どうやら変な声で話したので、私だと気付いてないようです。 今更、私ですと言えなくて、変な声のまま、「探して来ます、お待ち下さい。」と言って受話器を置き、しばらくしてから、いつもの声で「お待たせしました」と内線に出たのです。 そう言えば子供の頃、鼻の穴にサイコロを詰めて、取れなくなった事があります。 (病院で手術かもしれない・・・)とビビりながら親に言うと、「もう1つの鼻の穴をふさいでフンッ!としてみい」言われて、フンッとすると、ポン!とサイコロが出てきました。安心して、(もう二度と、つまらない事はしない)と心に誓ったのに、30年以上、年を重ねた今でも、やってる事があまり変わってない気がする今日この頃。
別窓 | 未分類
∧top | under∨
| 鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。