鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z 2013年11月

鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z

No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  348

魔法の言葉最高

1歳になる私の娘は、取ってほしい物がある時、「ん!」と言って指差します。その姿は、ソファーに寝転んだままで、私にテレビのリモコンを取るように指示する私の嫁と同じです。最近では、「ん!」と聞いただけで、何を取ってほしいのかわかるようになりました。「ん」は魔法の言葉です。 さて、教習中、方向指示機を消し忘れた生徒に、「方向指示機を消して下さい」と言っても、たまに消してくれません。「ウインカー消して下さい」でもダメ、「合図消して下さい」でもダメ。 そこで、生徒が確実に方向指示機を消してくれる、魔法の言葉を、指導員歴16年をかけてあみだしました。 それは、『カチカチ消してくれ』です。今のところ100%消してくれます。 合図を消してくれなくて困ってる全国の指導員の皆さんにも、ぜひ、使って頂きたいと思います。 修了検定で不合格にすると、生徒はすごく落ち込みます。そんな時、「あと少しだった」とか、「次は頑張れ」とか言っても無駄です。そんな時、少しだけ生徒が元気を出してくれる魔法の言葉は、「オレも免許を取る時に、修検で1回落ちた。苦労するほど取れた時が嬉しいから次は頑張れ」です。すると、落ちた人は、(自分だけでなく、指導員やってる人でも落ちたりしたんだ・・) みたいな感じで、少し元気を取り戻してくれます。でも、実は、私が免許を取る時、修検で1回落ちたとゆうのは、ウソです。 私が修検で落ちたのは、2回です。 言葉は、人を癒す薬になるけど、時には人を傷付ける凶器にもなります。 私が21歳の時、夕方に犬の散歩をしてると、前から小さい子供を連れたお母さんが来て、すれ違う時、「おっちゃんの邪魔になるからこっち来なさい」と子供に言いました。 思わず、「私はまだ、21歳です!おっちゃんでなくお兄さんです」と言いました。 今、思い出しても、少しヘコむ今日この頃。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類
∧top | under∨
No  347

ソフトボール大会最高

今年も『教習所対抗ソフトボール大会』に参加しました。 ソフトボールを通じて、他の教習所と親睦を深めるイベントですが、過去には、救急車が3往復する怪我人を出した事がある、熱き戦いです。 去年は、我が教習所が優勝しました。 開会式で、他の教習所のメンバーを見ると、新入社員と思われる、20代の指導員がたくさんいました。 我が教習所のメンバーは、全員が30才過ぎたおっさんばかりです。 さて、一回戦、相手チームに7点取られて、もうダメだと思ってたら、『うずしお打線』が爆発して、試合をひっくり返し、2点リードで最終回、ツーアウトから、私のエラーで追い付かれ、同点で試合終了。その後、9人でのジャンケンに負けて、今年の大会は終わりました。 次の日は仕事があり、筋肉痛で足を引きずる指導員を指差して、「普段、運動せんけんじゃ~」と、ケラケラ笑っていたら、私は、三日後に筋肉痛が来ました。筋肉痛が遅れてくるのは、老化が原因と聞い気がします・・・。 さて、いつかは、『教習所対抗一本橋相撲大会』を開いてほしいと思います。 一本橋相撲とは、私が考案した新スポーツで、二輪の検定で使う、幅30センチ、高さ5センチ、長さ15メートルの平均台の上で、向かい合って落とし合い、体が平均台から落ちたら負けです。 私が20代の頃は、休み時間に同年代の指導員とやってましたが、30代になると、恥ずかしくて出来ません。 ぜひ、教習所対抗大会から、一本橋相撲を世界に発信して、やがてオリンピックの正式種目にしてほしいと思います。 東京五輪に間に合うか心配な今日この頃。
別窓 | 未分類
∧top | under∨
| 鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。