鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z 2013年07月

鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z

No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  334

石の上最高

『石の上にも三年』、冷たい石の上も、3年座り続ければ、温かくなるそうです。最近の若者は、就職してもすぐ辞めてしまうそうですが、職場とゆうのは、最初はどこでも冷たいものだと思います。 私も、ここに就職して、最初は冷たい時もありました。 朝、先輩指導員に「おはようございます」と挨拶したら、「おはよう」と言ってくれました。 その数分後、同じ先輩指導員の前を通ったら、「おはようぐらいぬかせコラ!」といきなり怒鳴られました。どうやら、さっき挨拶した事を忘れてるみたいです。 (さっき挨拶しましたやんか)の言葉を飲み込んで、「すみません、ボーとしてました。おはようございます」と2度目の挨拶しました。 他にも、草刈り機でコースの草を刈ってると、後頭部に『ゴン!』と石が飛んできました。振り返ると、先輩指導員がいました。どうやら、草刈り時間の終了を、石をぶつける事で教えてくれたみたいです。それにしても、デカイ石だったし、後頭部を直撃したものですから、まだ若かった私の闘魂に火が着きました。立てたプランは、まず、草刈り機を下に置いて、先輩を背負い投げで投げ飛ばし、腕ひしぎ逆十字固めで腕関節を極めるでしたが、今は亡き、格闘技の先生の教え、『相手に敵意を見せるな』が頭に浮かび、笑顔で「ありがとございます」と言えました。 そんな私も、ここに座り続けて16年。3年で温かくなる所を16年座り続けると、ホカホカで居心地がいいです。 今度、若い新入社員が入社したら、草を刈ってる後頭部に石をぶつけて、ここに3年座ってられるかテストしてみようかななんて思っている今日この頃。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類
∧top | under∨
No  333

研修最高

茨城県の指導員研修で、教官からほめられたことがあります。 二輪の研修で、他県の指導員と組になり、バイクの教習をする授業で、ほとんどの指導員は、相手の悪い所を見つけて指導してましたが、私は、ずっと相手の運転をほめてました。すると教官が、「相手の悪い所ばかりを見つけるのではなく、こちらの指導員のように、相手のいい所を見つけて、ほめる事も大切です」 と、ほめられ、鼻が高くなりました。相手の悪い所を見つけられなくて、とりあえずほめてただけなんだけど、結果的に良かった。 他にも、バイクの実技で教官が、「今からコースをメチャクチャに走って下さい。」と言ったので、当時、22歳の私は、何も考えず、「ヤッホー!」とばかりに、アクセル全開で走りました。でも、他県の指導員を見ると、発進は、左右確認をして、見通しの悪い所では、ちゃんと徐行してました。 確認や徐行を全くしなかった私は、(怒られるかも・・・)と心配してたら、教官は、「私は最初にメチャクチャに走って下さいと言いましたが、本当にメチャクチャに走ってたのは、数人だけでした。言われた事に疑いを持たず、実行できる人が、上達も早いです」とか言ってたので、これでよかったのだと思います。 実技がうまくいったので、調子に乗ってたら、学科のテストで落ちて、補習で晩ごはんが遅くなったのも、今では、青春の1ページです。 研修が終わり、指導員や事務員さんへのお土産は、暗黙の了解で『カラ付き落花生』と決まってます。茨城県の特産物と思って指導員達は、鼻血が出るほど食べてるけど、袋に『原産地中国』と書いてある事に気付いてしまった今日この頃。
別窓 | 未分類
∧top | under∨
No  332

マラソン最高

マラソンの起源は、古代ギリシャで、戦いの勝利を伝える為に、兵士がマラトンの丘から、アテネの城門まで走り続け、勝利を伝え終わると、力尽き絶命と言います。 路上教習で外を眺めると、沢山の人が走っています。 走るのは、そんなに楽しいのか?と疑問が湧いてきて、マラソン経験無しで、いきなり徳島マラソンに参加してみました。 教習所がマラソンウェアを買ってくれる事になり、好きなの選んでいいと言われましたが、遠慮して安いのを選びました。今思うと、前から欲しかった、アンダーアーマーのウェアを買ってもらえばよかったと後悔してます。 さて、マラソン当日。 夏のように暑い日差しが、走る私の体力を奪っていきました。靴の中では、足の皮がむけて、靴の外まで血がにじんで来ました。コース中の救護テントで、足にテープを貼ってもらっても、走るうちにすぐ剥がれました。 暑い、痛い、疲れたと、何度もリタイアしようと思いましたが、 同僚に笑われたくないプライドと、サプライズで沿道から手を振ってくれた社長と、買ってくれたウェアに大きくプリントされた教習所の看板が私のリタイアを許しませんでした。 まさに気合いと根性で、マラソンを4時間58分で完走しました。 走るのは楽しいか?の答えは、『2度と走るか!』でしたが、しばらくすると、また走りたくなり、その年の10キロマラソンにも参加しました。 今度は、トライアスロンは楽しいのか?とゆう疑問が湧いてきた今日この頃。
別窓 | 未分類
∧top | under∨
| 鳴門自動車教習所 指導員ブログ Z |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。